M-1グランプリ2020 準々決勝で落ちちゃったけど面白かった人達

先日マヂカルラブリーの優勝で幕を閉じたM-1グランプリ2020。僕はブログで準々決勝進出者を簡単に全組紹介しようと思っていたのですが、下書き保存を忘れていたみたいで少しサボっていたら書きかけのデータが消えてしまいブチ切れたので別の企画(なるべく短く済むやつ)をやります。
M-1の準決勝に進めるコンビは25組で、毎年約90組は準々決勝で敗退しているわけなんですが、その90組を全部見るのは大変だしなかなか出来ないことだと思うので僕が個人的に面白いと思った組だけを紹介します。


①たくろう
2年連続で準々決勝敗退となってしまったたくろうですが、今年はかなりウケてましたし上がってもおかしくない出来だったと思います。やっぱりボケひとつひとつが強いし爆発力あるしたくろうの良さが全面に出てたネタです。
②黒帯
今年敗退した組の中でも話題になったネタです。ボケ数は多くなくても一発の強さと来るとわかっていても笑ってしまう感じ。声も良くて中毒性があります。大喜利要素のあるネタは個人的に好き。
結成3年で、シンプルなコント漫才でここまで面白いのはまじですごいです。ネタの完成度もさることながら、ツッコミも聴きやすくて安定していえ貫禄のあるツッコミです。非常にこれからが楽しみなコンビ。
準々決勝の動画の中で2番目に再生回数が多い動画です。ラストイヤーで、自分たちの勝負ネタをかけてウケも申し分なかったし本人たちも受かると思ったでしょう。ハインリッヒの15年間がここに詰まっていて集大成の様なネタでした。
⑤チェリー大作戦
まさにM-1って感じのフォーマットのネタです。いいフォーマットですしちゃんとウケててめちゃくちゃ面白かったです。今年ABCお笑いグランプリNHKお笑い新人大賞でコントもやっていたんですがめちゃくちゃ面白かったです。
⑥ネイチャーバーガー
新たなツッコミを生み出したなあって感じです。いいフォーマットだしこのネタを思いついたのはネイチャーバーガーにとってめちゃくちゃ大きいし十分決勝に行けるフォーマットだと思います。めちゃくちゃ面白かったです。
⑦シシガシラ
最近お笑いファンの間でグイグイ来ているコンビです。彼らは所謂「ハゲネタ」をするんですが、今までに見た事のないハゲネタを毎年生み出しています。2018年結成ですがほんとに毎年ネタの完成度に驚かされています。来年も期待。
⑧令和ロマン
賞レースも獲って今年期待されていましたが、恐らくギリボーダー下で敗退。まだ結成2年ですが人気もあって知名度もあって何よりも貫禄がある。魔人無骨の時も思ってましたが、やっりぱ将来が楽しみです。
⑨ドンデコルテ
題材は下ネタのはずなのに、全く下ネタに感じないというか、こんなに綺麗に下ネタを漫才にできるのかという衝撃がありました。何度も見たくなるネタです。なんかこう、もっとドカンとウケていいような気が。
⑩くらげ
去年このフォーマットで無名から準決勝進出を果たしましたが、今年も同じフォーマットだったのでどうかな〜と思いながら見てましたが去年から明らかに進化してて本人たちも試行錯誤してやってるんだなと思いました。いつか決勝来そう。
⑪ママタルト
おそらく今年の勝負ネタで、もっとウケると思ってたんだろうなと。準決上がるほどのウケではなくても僕は個人的にすごく好きなネタです。ちゃんとボケも強いしそれに加えてツッコミも個性的なのでどっちもちゃんと仕事してる感。
⑫ダイヤモンド
ここも最近お笑いファンの中ではだいぶ有名所ですね。2018年から3年連続で準々決勝に進出していますが、間違いなく今年がいちばん惜しかったと思います。毎年新しい漫才をやっていて毎年ちゃんと面白いです。準決行ってもおかしくないくらいのウケでした。
ドライブデートというどシンプルな設定でここまで面白いのは2人の技量と台本の強さですね。2回戦何故か1回落ちて追加合格となってアウェーの東京での準々決勝となったんですがそれを感じさせないウケ。将来関西を背負って立つ漫才師になると思います。

以上です。準々決勝の動画はいつまで公開されるかわからないのでぜひお早めに。結構多くなっちゃったなw

M-1グランプリ2020 準々決勝進出コンビを全組簡単に解説する【大阪②】

第2回です。大阪はこれで終わり。

エントリーNo.2199 ダブルヒガシ

f:id:soccr-aasaa:20201113193820j:plain

毎年準々決勝まで進出する実力派です。2014年結成とまだ若手です。向かって左の大東さんはすべらない話にも出演しました。覚醒したらすぐ決勝行きそう感。

エントリーNo.2204 ジソンシン

f:id:soccr-aasaa:20201113194233j:plain

キングオブコントでは2度の準決勝進出経験があるコント師。ただ漫才の完成度も非常に高く、実績も十分です。声が良くて聞きやすいのがgood。

エントリーNo.2205 ツートライブ

f:id:soccr-aasaa:20201117001556j:plain

彼らの漫才は一言で言うと「イキリ漫才」。ここ数年は安定して準々決勝まで進出しています。昨年の王者ミルクボーイ主催の漫才イベント「漫才ブーム」に参加しています。遅咲きですが、ミルクボーイの優勝にかなり感化されているはず。

エントリーNo.2206 マイスイートメモリーズ

f:id:soccr-aasaa:20201117002308j:plain

ベテランの風格があるコンビですが、結成自体は2017年。今年のキングオブコントで初めて準決勝に進出しました。向かって右の花谷さんは芸歴で言うと15年を優に超えています。

エントリーNo.2219 タチマチ

f:id:soccr-aasaa:20201117163203j:plain

昨年のM-1で準々決勝に進出し彗星の如く現れた若手コンビ。ytv漫才新人賞決定戦の選考会で初出場で本戦進出を決めました。今年は準決勝進出の期待がかかります。

エントリーNo.2222 隣人

f:id:soccr-aasaa:20201117163806j:plain

コントも漫才も評価が高いコンビ。少し前まで「隣人13号」というコンビ名でした。2人とも野球好きで、向かって左が「中村遊直(ショートライナー)」さんで、向かって右が「橋本市民球場」さん。

エントリーNo.2263 スナフキン

f:id:soccr-aasaa:20201117164429j:plain

今までの最高成績は2回戦だったものの今年追加合格で見事準々決勝進出。他の写真の方がわかりやすいんですが、向かって右の朝地さん、Creepy NutsのDJ松永さんに似てると思いませんか?ちなみに向かって左の人の名前が「松永」です。松永だけど松永じゃない人と、松永じゃないけど松永な人。

エントリーNo.2266 吉田たち

f:id:soccr-aasaa:20201118202232j:plain

一卵性の双子コンビです。既に関西では知名度もあり実績もあり人気も十分です。ただM-1での実績はまだありません。準々決勝の壁を突破し準決勝進出なるか。(今日結果出たけどね)

エントリーNo.2268 風穴あけるズ

f:id:soccr-aasaa:20201118205525j:plain

松竹芸能所属で、正直言って好みの別れるコンビです。粗削りなスタイルと声の大きさで人気でしたが最近になって急成長を見せています。評価も上がっており、今年初の準々決勝進出。

エントリーNo.2494 エンペラー

f:id:soccr-aasaa:20201120192837j:plain

ABCお笑いグランプリ2019のチャンピオン。漫才もコントもどちらも面白く、キングオブコントでは2度準決勝まで進出しています。今年も実際準決勝ありえるくらいの出来だったみたいです。

エントリーNo.2534 20世紀

f:id:soccr-aasaa:20201120194026j:plain

元ロックンロールブラザーズ。改名してからは初めてのM-1かな?コントのイメージの方が強いです。M-1では初めての準々決勝進出ということでこれから漫才も力を入れたら結果が出そう。

エントリーNo.2583 セルライトスパ

f:id:soccr-aasaa:20201122072753j:plain

ABCお笑いグランプリ優勝、おもしろ荘準優勝、キングオブコントでもM-1でも何度も準決勝に進出といい成績は残しているのですがあと一歩報われないという印象。今年は2回戦落ちも追加合格。実力は確かなだけにM-1キングオブコントでの実績がほしい。

エントリーNo.2723 学天即

f:id:soccr-aasaa:20201122073505j:plain

関西の賞レースは軒並み決勝進出を経験しているラストイヤーのコンビです。M-1ではアマチュアとして参戦した2005年に準決勝に進出するなど3回準決勝進出を経験しています。THE MANZAIでも2回決勝進出していますし2014年は予選1位通過で突破しているほどの実力者です。今年はラストイヤー枠筆頭と言えるでしょう。見事準決勝進出。

エントリーNo.2724 からし蓮根

f:id:soccr-aasaa:20201122181405j:plain

画像は全組M-1の公式サイトから持ってきてるんですけど、なんかからし蓮根の写真画質悪くね...?去年決勝進出のコンビです。いつか行くだろうとは思っていました。からし蓮根の漫才はワードが秀逸で爆発した時はもう手がつけられなくなります。決勝候補。

エントリーNo.2807 デルマパンゲ

f:id:soccr-aasaa:20201122203508j:plain

僕と同じ福岡出身のコンビ。向かって左の迫田さんが理不尽な持論を展開していくという漫才です。まあこれは完全に個人的な話なんですが、博多弁は聞きやすくて好きです。

エントリーNo.2990 ビスケットブラザーズ

f:id:soccr-aasaa:20201123010450j:plain

キングオブコント2019決勝進出、ytv漫才新人賞決定戦2020で優勝と漫才もコントも評価の高いコンビ。今年は1度2回戦で落とされましたが追加合格で準々決勝進出。M-1でも決勝に行ける器はあると思います。

エントリーNo.3006 アキナ

f:id:soccr-aasaa:20201123011417j:plain

THE MANZAIキングオブコントM-1で決勝進出経験があるコンビ。和牛とアインシュタインとのユニットライブ「アキナ牛シュタイン」が大人気で、テレビ番組として放送されていました。とにかく女性人気がすごい。もちろん実力もちゃんとあります。

エントリーNo.3335 藤崎マーケット

f:id:soccr-aasaa:20201123015147j:plain

お馴染みラララライの人達。しかし今ではその面影はなく、漫才の賞もいくつか受賞していますしキングオブコントでも決勝進出しています。一発屋と言われがちですが漫才もコントも実力は折り紙付きです。今年ラストイヤー。

エントリーNo.3444 祇園

f:id:soccr-aasaa:20201123020153j:plain

彼らも女性人気があるコンビです。キングオブコントでも準決勝に進出した経験があります。今年で結成から12年で今年初めて準決勝進出の苦労人。聞くところによると準々決勝ではかなりウケていた模様。

エントリーNo.3474 見取り図

f:id:soccr-aasaa:20201123025815j:plain

一昨年、去年と2年連続で決勝進出。一昨年はトップバッターで9位でしたが去年は5位と健闘。実は彼らは結成してから3年連続で1回戦落ちを経験しています。ようやく花開いた遅咲きコンビですが十分優勝候補でしょう。

エントリーNo.3478 金属バット

f:id:soccr-aasaa:20201123031625j:plain

今や全国的な知名度を誇るコンビ。特にお笑いファンからの支持はかなり厚い。そんな彼らも2006年結成なので来年がラストイヤー。今年含めてあと2回です。1回くらいは決勝の舞台で見たいです。




以上大阪Part2でした。いつ始めたかも覚えてません。既に準決勝進出者も発表されましたが東京編もやりたいと思ってるのでいつになるかわかりませんがよろしくお願いします。

M-1グランプリ2020 準々決勝進出コンビを全組簡単に解説する【大阪①】

エントリーNo.90 もも

f:id:soccr-aasaa:20201106165402j:plain

1回戦面白かったコンビとしても紹介しました。結成3年とまだまだ若手のコンビ。2018年のM-1で準々決勝に進出しお笑いファンの中では一目置かれる存在になりましたが、今年かなり評判と知名度を上げています。かなりの注目株です

エントリーNo.159 たくろう

f:id:soccr-aasaa:20201106170618j:plain

2018年のM-1で初の準決勝進出で予選12位、敗者復活でも5位と一気に躍進したコンビ。翌年のytv漫才新人賞決定戦では準優勝など実績は十分。そろそろM-1でも決勝に進みたいところ。

エントリーNo.238 いなかのくるま

f:id:soccr-aasaa:20201106173939j:plain

ハイスクールマンザイという高校生の漫才の大会で出会い高校生の頃にコンビを組んだため2015結成の24歳とまだかなり若いです。初の準々決勝進出。

エントリーNo.341 ぎょうぶ

f:id:soccr-aasaa:20201106175434j:plain

今年のM-1で初めて名前を聞きました。初の2回戦突破、初の準々決勝。間違いなく本人たちにとって大きな1年だと思います。面白い人たちがまだまだ眠ってるんだなあと思わされる。

エントリーNo.481  さや香

f:id:soccr-aasaa:20201106193850j:plain

言わずと知れたエリート。結成3年の2017年にM-1グランプリ決勝進出を果たすと勢いそのままに同年の今宮子供えびすマンザイ新人コンクールで優勝、2019年のNHK上方漫才コンテスト優勝、2020年の歌ネタ王優勝、先日行われたNHK新人お笑い大賞では準優勝、ABCお笑いグランプリでは3年連続で決勝進出を果たしている賞レースの常連。M-1ではここ2年準々決勝で敗退しているのでそろそろ返り咲きたい。

エントリーNo.484 ライムギ

f:id:soccr-aasaa:20201106201854j:plain

このコンビも今年初めて名前聞きました。どうやら結成1年ということなので今回最若手じゃないでしょうか。いい意味で若手らしくないですね。これは楽しみ。見事追加合格!

エントリーNo.490 カベポスター

f:id:soccr-aasaa:20201107122426j:plain

漫才もコントも共に評価が高く、ここ最近ytv漫才新人賞決定戦やABCお笑いグランプリNHK新人お笑い大賞などの賞レースで決勝進出し常連となっています。ただなかなか優勝には届かずM-1でも1度2回戦で落とされ追加合格となっていたり、賞レースには恵まれていない印象も。

エントリーNo.491 チェリー大作戦

f:id:soccr-aasaa:20201107123247j:plain

ここ最近でかなり名を挙げた印象です。コントも漫才も非常に完成度が高いコンビ。ABCお笑いグランプリNHK新人お笑い大賞ではコントをやっていました。今年はいい所まで行きたいですね。

エントリーNo.667 パーフェクト・ダブル・シュレッダー

f:id:soccr-aasaa:20201107173515j:plain

2013年結成の2人ですがボケの門野さん(向かって左)はキングコングとろサーモンと同期で芸歴は20年越え。やはりベテランらしくネタの完成度がめちゃくちゃ高いですしめちゃくちゃ緻密で面白いです。1度落ちて残念だなと思っていたんですが追加合格で見事2年連続の準々決勝。

エントリーNo.724 令和喜多みな実

f:id:soccr-aasaa:20201107123716j:plain

賞レースの実績はもう書ききれないほど。若くして注目を浴び、漫才をする為に生まれてきたのかと言われるくらい若手の頃から達者でとても評価が高いコンビです。去年は3回戦落ちを経験しただけに今年は準決勝まで行きたい。

エントリーNo.729 ロングコートダディ

f:id:soccr-aasaa:20201107171857j:plain

今年のキングオブコントで決勝進出、M-1では去年初めて準決勝に進出し成長を見せるコンビ。いつ決勝に来てもおかしくない。知名度も申し分ないのではないでしょうか。

エントリーNo.733 キャタピラー

f:id:soccr-aasaa:20201107174036j:plain

2017年結成の若手コンビ。結成後初めてのM-1で準々決勝に進出して注目されました。結構題材としてはありきたりなコント漫才なんですが、かなり面白いです。彼らにしかないものを持ってると思います。かなりの実力派です。

エントリーNo.739 コウテイ

f:id:soccr-aasaa:20201107175225j:plain

ABCお笑いグランプリで優勝し、元々評価されていた実力に実績も着いてきたコンビ。彼らもいつ決勝に行ってもおかしくないコンビだと思います。コントも面白い。

エントリーNo.740 鬼としみちゃむ

f:id:soccr-aasaa:20201108063613j:plain

今年初めて準々決勝進出のコンビですね。自分は今まで名前しか知らなくて1回戦の動画で初めて漫才を見たんですがそれぞれのちゃんとしたキャラ設定があってめちゃくちゃ面白かったです。嬉しい発見でした。

エントリーNo.763 パーティーパーティ

f:id:soccr-aasaa:20201108064806j:plain

左のウッディみたいな格好の人がギャグを連発しまくる漫才です。いかにも大阪って感じでテンポもいいしギャグの質も高いです。

エントリーNo.926 にぼしいわし

f:id:soccr-aasaa:20201108065206j:plain

見ての通り女性コンビです。どちらかというとAマッソのようなタイプで、玄人受けする漫才をするコンビですね。以前はスパンキープロダクションという事務者に所属していたんですが、今年からフリーになったみたいです。

エントリーNo.938 マユリカ

f:id:soccr-aasaa:20201108180525j:plain

今年のytv漫才新人賞決定戦では濃厚接触者の疑いがあったため決勝を棄権(翌日に濃厚接触者ではないことが判明)したり、M-1でも1度2回戦で落とされたり色々不運なコンビですが、晴れて追加合格。早くも来年のytv漫才新人賞決定戦にも進出しており、かなり期待しています。

エントリーNo.939 ニッポンの社長

f:id:soccr-aasaa:20201108180119j:plain

今年のキングオブコントで決勝進出し注目を浴び、最近はテレビでもたまに見るようになったコンビ。元々コント師なのですが漫才の評価もかなり高くM-1でも決勝進出が期待できます。

エントリーNo.1788 タイムキーパー

f:id:soccr-aasaa:20201109172701j:plain

今年初めて名前を聞いたコンビのうちの1組です。1回戦からかなり面白い漫才をしてたんでこれが勝負ネタなのかなと思ったら2回戦では全く違うネタをやっていてめちゃくちゃ凄いなと思いました。しかもめちゃくちゃ面白かったです。今年一度1回戦で落ちて再エントリーでここまで来てるんですよねえ。すごいの一言。しかもまだ結成2年。

エントリーNo.1825 ラフ次元

f:id:soccr-aasaa:20201109180902j:plain

コンスタントに毎年準々決勝に進出し続けるコンビです。結成は2006年で来年がラストイヤーなのですがまだ準決勝進出経験はありません。大きな賞レースと縁がないですが実力は間違いなしです。

エントリーNo.1861 なにわスワンキーズ

f:id:soccr-aasaa:20201109200636j:plain

初の準々決勝進出を果たしたコンビ。トリオでの決勝進出はまだ誰も果たしていないので期待しています。今は四千頭身が1番近いと言われてはいますが彼らも今年十分可能性ありだと思います。

エントリーNo.2186 滝音

f:id:soccr-aasaa:20201109201135j:plain

今年キングオブコントの決勝に進出、アメトークにも出演しました。先程紹介したニッポンの社長同様、漫才の評価もかなり高いコンビで何なら漫才の方が元々知られていてコントは2本しかないという程です。

エントリーNo.2187 フースーヤ

f:id:soccr-aasaa:20201111193957j:plain

数年前に話題になり恐らく一般的な知名度も高いでしょう。そんな彼らも全くスタイルを変えずM-1でもいつものフースーヤで挑んでいます。そもそもこのスタイルが評価されているのでずっとこのスタイルを貫いてほしいですね。

エントリーNo.2189 黒帯

f:id:soccr-aasaa:20201111194328j:plain

毎年準々決勝に進出する実力派コンビです。元松竹芸能所属。一般的な知名度は無いですが実力は間違いなしです。ぜひYouTubeでネタ動画をご覧ください。

エントリーNo.2197 Dr.ハインリッヒ

f:id:soccr-aasaa:20201111204624j:plain

とにかくお笑いファン受けがすごい双子コンビ。結成は2005年で今年ラストイヤーですが、未だに準決勝進出経験もありません。それどころか2年前の2018年のM-1で初めて3回戦突破という苦労人です。ただ、松本人志からも絶賛されるほどの実力の持ち主です。お笑いファンには刺さるタイプ。

エントリーNo.2198 紅しょうが

f:id:soccr-aasaa:20201111205518j:plain

女性漫才師の中では実力だけで言うと間違いなくトップ級。2回戦は大ウケも大ウケで見事通過。THE Wでも決勝進出、来年のytv漫才新人賞決定戦への進出も早々に決めています。女性コンビではハリセンボン以来となるM-1決勝進出なるか。



第1回はここまでです。まだまだ大阪も半分しか終わっていませんがかなり大変でした。気力があれば続けます。

M-1グランプリ2020 1回戦面白かったコンビ

先日キングオブコント2020が行われましたが、これからは何といってもM-1の季節です。8月に始まったM-1グランプリ2020は、1回戦が終了し2回戦が開始しています。M-1グランプリでは去年から1回戦のトップ通過3組のネタがYouTubeにアップロードされており、ファンも楽しめるようになっています(どうやら今年は2回戦のネタも見れるみたいです)

ということで今回は僕が個人的に面白かったコンビのネタをここで紹介します。

8/10 大阪 2位通過 牛ぺぺ

https://youtu.be/lcGY9Wv2M3s

初めて見ましたがめちゃくちゃ面白かったです。去年結成のコンビで、去年は3回戦まで進出してます。おみくじを漫才にするというフォーマットがすごくいい。

8/11 大阪 1位通過 コウテイ

https://youtu.be/cYt29WBgchM

ABCでも優勝し東京でのテレビ出演も増え始めた今ノリに乗るコンビ。1回戦は毎年ボケとツッコミを入れ替えたりもはや貫禄すら感じます。もちろん本ネタではないでしようがしっかり面白い。

8/12 大阪 1位通過 滝音

https://youtu.be/K-NVVV2eCd4

キングオブコントでも決勝に進出、アメトークにも出演など躍進を遂げているコンビ。コントで先に結果を出したが元々漫才の評価が高いコンビで、今年は決勝進出の期待もかかるコンビです。完成度も高い、流石!

8/19 東京 1位通過 ダニエルズ

https://youtu.be/vvCXflWeNGg

コントも漫才もこなせる二刀流。やっぱりヒステリックな女性を演じるのがめちゃくちゃ上手い。早く世間に見つかって欲しいです。

8/24 大阪 1位通過 もも

https://youtu.be/PKlYgrS6Cco

今年僕が最も注目してるコンビです。2017年結成で、2018年のM-1で一気に準々決勝まで勝ち上がったのですがその時にファンになりました。ミルクボーイのダブルボケバージョンみたいな感じ。今年一気に準決勝かはたまた決勝まで行くんじゃないでしょうか。かなり今年仕上がってます。

8/31 東京 1位通過 シシガシラ

https://youtu.be/ENTyRFbcwd0

2人とも元々別のコンビでやっていて組み直しなのでおじさん2人組なんですが、ほんとに毎年ネタが秀逸。主に脇田さんのハゲをいじるネタなのですがハゲネタとしてはトップレベルだと思います。実際この日も知名度のあるぼる塾と蛙亭を抑えての1位。売れて欲しいです。

9/8 大阪 1位通過 タイムキーパー

https://youtu.be/e2tYB1_-VUQ

完全に初見だったのですがかなり面白かったです。実際初めての準々決勝進出を決めていますし、今年一気に名を挙げそうなコンビです。風刺も効いていてすごくいいネタ。

9/9 大阪 ドーナツ・ピーナツ、ビスケットブラザーズツートライブ

https://youtu.be/8tgDyqnUgc4

大阪の注目のコンビが勢揃いの日。この日は3組全員めちゃくちゃ面白くてめちゃくちゃ笑いました。ツートライブは僕が個人的に推してるってのもあって1位通過はめちゃくちゃ嬉しかったです。会場を自分たちの空気にするのがうまい。

9/14 東京 1位通過 ななまがり

https://youtu.be/St-K1CJ-hXQ

キングオブコントで決勝進出経験があり、今年もかなり惜しかったという実力派コント師水曜日のダウンタウンギャラクシー賞を受賞した令和企画の人達です。漫才もかなり面白い。初瀬さんのツッコミいいなあ。

9/23 大阪 1位通過 イノシカチョウ

https://youtu.be/hUWNakoUGMA

コントで準々決勝くらいまでいってるイメージがありますが、漫才もかなり面白い。トリオで漫才はかなり難しく成功例もそこまで多くないので大変だとは思いますが3人いる強みを上手く生かしてるなと思いました。めちゃくちゃ好き。


いかがでしたか?2回戦の動画もアップロードされてるので是非見てみてください。

アーサーがスポーツでテンションが上がった場面ランキング【サッカー編】

僕の好きなスポーツといえばサッカーと野球なのですが、好きな理由を聞かれると「面白いから」とか「テンションが上がるから」と恐らく答えるのでテンションが上がった場面ランキングトップ10を発表します。要するに「この場面めちゃくちゃ興奮したぜ!」ってこと。


10位 2019年8月31日 アビスパ福岡vs愛媛FC 城後寿選手のゴール
この試合は現地観戦していた試合です。1-0のまま迎えた後半27分、相手のミスを突いた城後が前に出てきていたキーパーの頭の上を抜けるループシュートで2点目を決めたシーンです。結局この試合は3-0と快勝しました。現地観戦補正もありますが福岡のバンディエラであるキング城後のゴールを生で見れたのは最高でした。

9位 2019年プレミアリーグ開幕戦 マンチェスターユナイテッドvsチェルシー ダニエルジェームズ選手のゴール
2019年のプレミアリーグ開幕戦です。ここまで3-0でリードしていたマンチェスターユナイテッドは後半29分にアンドレアスペレイラに代わってダニエルジェームズを投入します。彼はこのシーズンから新たに加入した選手で、この試合が初出場でした。マルシャルとのワンツーで抜け出したポグバが裏に抜けたダニエルジェームズにパスしてゴール。DFに当たったボールがゴールインしたゴールでしたがゴールへの執念が感じられるゴールでした。何より彼が喜びを爆発させていたのが印象的でした。
8位 19-20シーズンプレミアリーグ第29節 マンチェスターユナイテッドvsマンチェスターシティ スコットマクトミネイ選手のゴール
マンチェスターユナイテッドにとって10年振りとなるマンチェスターダービーシーズンダブルをかけた試合です。ユナイテッドは1-0でリードしていたんですが後半はシティにだいぶ攻め込まれ、デ・ヘアの好セーブとワンビサカのMOM級の守備に救われていました。後半投入したイグアロが前線で時間を作ったりするシーンが増える中での後半ロスタイム7分、急いで攻撃に移ろうとしたエデルソンのスローイングをマクトミネイがカットしそのまま無人のゴールへ。この試合はワンビサカとデ・ヘアに救われたと言っても過言では無い試合です。ダニエルジェームズもよく走ってましたしブルーノフェルナンデスも攻撃の起点になり大いに貢献しました。


7位  2018年ロシアW杯 日本vsコロンビア 大迫勇也選手のゴール
キンテーロに同点FK弾をぶち込まれ同点になってからの後半28分、途中出場の本田のCKに大迫が頭に合わせての決勝弾でした。時間帯的にも見てた人が多かったと思いますが直前の監督交代劇もあったり色々不安な大会だったのでこの試合でそれを払拭してくれたと思います。

6位 2016年 ロシアW杯最終予選 日本vsイラク 山口蛍選手のゴール
後半ロスタイム5分に決まった劇的勝ち越しゴールです。この試合は家族でテレビ観戦していました。コーナーフラッグ付近でFKを獲得し清武がいいボールを上げてこぼれたところ山口選手のミドル。しかもこの日誕生日だったみたいです。すげーな!劇的度で言ったら日本代表戦の中でもトップクラスでしょう。


5位 2019年8月31日 アビスパ福岡vs愛媛FC  セランテス選手のセーブ 
10位の城後選手のゴールと同じ試合です。0-0の前半28分に山瀬のシュートがアビスパDFに当たってコース変わって丹羽詩温が完全にフリーの状態に。

f:id:soccr-aasaa:20200529200751j:plain

こんな状態です。生で見てて「あっこれはやられたわ」と死を確信しました。しかしここからなんとセーブ。レベスタのビジョンにリプレイが映し出されたのですが、拍手喝采でした。何回見ても「よく止めたなー」と思います。


https://youtu.be/Rrn3XnxNKy8


4位 2018年6月2日 アビスパ福岡vs徳島ヴォルティス ドゥドゥ選手のゴール

当時中学2年生、実はこの試合が人生初の生観戦でした。0-0のまま迎えた後半12分、前線でパスを受けたドゥドゥ選手がPA外から右足を振り抜きゴール左上に突き刺さりゴール。人生初の生ゴールで、めちゃくちゃ「すげえ!」ってなった記憶。後から動画で見ると「こんなに凄かったんだな」と思うゴールでした。まさにゴラッソ!


https://youtu.be/vhBwSFaNyRM


3位 2015年J1昇格プレーオフ決勝 セレッソ大阪vsアビスパ福岡 中村北斗選手のゴール

2015年の昇格プレーオフです。1-0でリードされていた後半42分、左サイドから亀川選手がクロスを上げてファーに走り込んだ中村北斗選手が右足で合わせ同点ゴール。レギュレーションによりそのシーズンを3位で終えていたアビスパは引き分け以上で昇格決定だったので1-1の同点のまま試合は終了し悲願のJ1昇格を決めました。やっぱりJ1が懸かった試合だったのでより一層興奮しましたね。


https://youtu.be/LnvE7fA4RKg


2位 ロシアW杯ベスト16 日本vsベルギー 乾貴士選手のゴール

試合は深夜に行われ、早朝5時まで試合はやっていたのですが当時中3だった僕は試合の翌日がちょうど台風で休みになって運良くこの試合を見ることかできました。結果は皆さんご存知の通り逆転負け。僕が初めてリアルタイムで見たW杯は2014年のブラジル大会だったのですが、その大会ではいい所がなく終わってしまったのでベルギー相手に善戦する姿はめちゃくちゃかっこよかったです。過去2回決勝トーナメントで対戦したどの相手よりも強敵だったと思います。もちろん1点目もめちゃくちゃ興奮しました。2022年のカタール大会は期待してます。


https://youtu.be/IRD8tDUFjpk


1位 2019年3月17日 J1リーグ第4節 サガン鳥栖vsジュビロ磐田 クエンカ選手のゴール

受験も終わり、合格発表も終わって、楽しい楽しい春休みでした。サガン鳥栖ファンでもない僕はサガン鳥栖ファンでもない友達から誘われて3人で初めてサガン鳥栖の試合を見に行きました。フェルナンドトーレスも見れて中村俊輔選手も見れて名波監督も見れて最高だ〜と思っていたのですが0-0のまま迎えた後半ロスタイム、クエンカが中盤でテクニカルにボールを繋ぐと原川が左サイドからクロスを上げクエンカが合わせて決勝点。ここまでリーグ戦開幕から3連敗、しかも3試合とも完封負けを喫していたサガン鳥栖にとってこのクエンカのゴールはシーズン初勝利だけではなくチーム初ゴールでもありました。この試合はトーレスが負傷退場し高橋祐治も2枚目のイエローカードを貰い退場を喰らっており10人で戦っていたので引き分けでも御の字な感じだったのでまさに「劇的」でした。


https://youtu.be/NgwZB4GU5OY


だいぶ長くなりました。中々最後まで書く気が起きず書きかけの状態で1ヶ月ほど眠ってました。次回は野球編です。

1年目終了

1年目終了しました!

40勝95敗!44.0ゲーム差で最下位!弱い!

さっき気づいたのですが中田賢一選手を入れるのを忘れてました。

まずは、「ごめんね」の選手を紹介します。

今永昇太

27試合 7勝16敗 2.32

ごめんね!!彼のキャリアに傷をつけてしましました。

その他の頑張った選手たちです。

中村恭平 26試合 7勝8敗 3.09

久保裕也 71試合 1勝1敗 1H 2.59

野上亮磨 31試合 0勝1敗 10H 1.83

谷川昌希 17試合 2勝2敗 2H 1S 2.18

牧原大成 .297 5本 29打点 20盗塁

野手はもっと頑張ってください。

ドラフトです。福岡出身の選手来い!

ちなみにロッテの益田選手が旅立ち、平野選手が舞い戻りました。あと久保選手が引退しようとしていましたがもちろん許しませんでした。

いざドラフトへ!と意気込んでいましたが福岡出身の選手はわずか2名!少ねえよ!!

f:id:soccr-aasaa:20200525215534j:plain

f:id:soccr-aasaa:20200525215552j:plain

弱い!!いや久本は即戦力だけどそうじゃないのよ!うちの課題は野手だから!!来年に期待。

プロスピ2020で福岡出身の野球選手だけで日本一になる

野球選手の出身地別でチームを作ったら大阪が1番、と言われていますが、我々福岡県民としては福岡も負けてないぞという所を見せたいので今回は「福岡県出身の野球選手だけで日本一になる」という企画です。まず各球団の福岡出身の野球選手の紹介から。
二保旭、川原弘之、田浦文丸、牧原大成
地元の割には少ない。
野田昇吾、高木渉
野田選手は貴重な中継ぎになりそう。
久保裕也辛島航、寺岡寛治、田中和基、山崎幹史、武藤敦貴
新人王!しかもホークスより多い!
香月一也、小野郁
香月選手は大砲として期待。
中島選手は正遊撃手!
ちなみにオリックスはなしです。
野上亮磨、松井義弥
野上選手は即戦力!
今永昇太、三嶋一輝高城俊人、坂本裕哉、浅田将太
多い!!しかも今永三嶋がデカすぎる!
中谷将大、俊介、梅野隆太郎、尾仲祐哉、谷川昌希、小野大己、浜地真澄
正捕手も決定!
一岡竜司中村恭平、三好匠、安部友裕、島内颯太郎
島内選手の出身高校は僕の友達もたくさん通ってるくらい身近な高校です。
武田健吾
武田選手は地味に初耳だった。しかも近めの高校!
大村猛、古賀優大、濱田太貴 
濱田選手も将来の主力候補です!
さてこんな感じです。この選手たちをホークスに入れたいと思います。選手をくれるお礼に代わりの選手を各球団に差し上げたいと思います。
西武 野田⇋嘉弥真、高木⇋真砂
楽天 久保⇋椎野、辛島⇋武田、寺岡⇋奥村、田中⇋長谷川、山崎⇋増田、武藤⇋水谷
千葉 香月一⇋野村、小野郁⇋津森
日公 吉川⇋和田、中島卓⇋今宮
巨人  野上⇋杉山、松井⇋川瀬
横浜 今永⇋千賀、三嶋⇋甲斐野、高城⇋谷川原、坂本⇋笠谷、浅田⇋吉住
阪神 中谷⇋明石、俊介⇋川島、梅野⇋甲斐、尾仲⇋板東、谷川⇋岩嵜、小野⇋石川、浜地⇋古谷
広島 一岡⇋松田遼馬、中村恭⇋髙橋純、三好⇋西田、安部⇋内川聖一、島内⇋泉
中日 武田⇋中村晃
ヤク 大村⇋高谷、古賀⇋九鬼、濱田⇋柳町
残りの選手は平等に配分するよ!
編成し終わって気づいた、選手少な!!f:id:soccr-aasaa:20200525213013j:plain
弱すぎるのでドラフトに期待しましょう。